遊び心
2018 / 11   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
 
Pageview

Menu

Profile

mytop

趣味は自然散策(登山等)、HP作り、物作り。
人生は短いから、やりたいことはやってみる。

とりあえず、楽しもー。
今日という日は二度とないから♪

楽しいことや趣味がメインの日記です。
****************
2011年1月から関東に派遣されました!
現在は、フォークリフトオペレーターです。
HNを「ころろ♪」に改名。

ワクスピ友達が沢山できました。
関東生活も楽しんでいます。
****************
ホームページ

記事の続き、またはタイトルをクリックすると
カテゴリ毎にデザインが変わりま〜す!


Recent Diary

RSS & Atom Feed
遊び心
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ☆彡
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
こいし倶楽部
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
自然をお散歩♪
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
体験・チャレンジ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
魚釣り雑記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ご・は・ん ♪
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
心の扉
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

«« チャロアライトの勾玉 | BOLG TOP | 帰省珍道中(糸魚川〜京都〜広島〜鹿児島) »»
カテゴリ内移動
«« 前(東京サイクリング) | 自然をお散歩♪ | 次(帰省珍道中(糸魚川〜京都〜広島〜鹿児島)) »»
2011/08/13
富士山登山レポート
最近は ゆっくり制作をする時間が撮れないので
アクセサリー作りは休憩してます。

お盆の帰省ついでに
富士山に登ってみたい!と思ったので

早速 長男Aを連れて、向かいました。

20110813055404.jpg

でも 私は治ったばかりの風邪をAに引き継いでしまったので(^_^;)
中止にしようか?と思ったのですが…

Aが行きたい!と諦めないので

体調を見ながら 行けるとこまで…のつもりで行きました。

富士山には登山ルートが4つあるそうです。

24年前に初めて登った時は、吉田口ルートからでした。

10時間かかって
途中 何度も 『やだ!もう帰りたい(T_T)』と わめいてた思い出があります(笑)

1人でぶらりて来て、そのまま 思いつきで登ったのですが…

今年は mixiで知り合った仲間と一緒に
富士山登山の予定で楽しみにしてたのですが
帰省することになって、スケジュールの都合でキャンセルしちゃったので…

今でも残念…

でも 登りたいなら、いつでも富士山はそこにある!と思い直して チャレンジです。

5合目に15時頃 到着。
今回は 富士宮口から行ってみました。
500台の駐車場はほぼ満杯で 手前4キロくらいから、路肩駐車がずらり…

運良く駐車場内に車を止めて5合目をしばらく観光しました。

18時くらいから登ろうかな?と考えてたのだけど
登山口で案内人のおじさんが『山小屋に止まらないのなら、早すぎる!
頂上は風が強くて、やり過ごす所がないので
御来光まで時間が有りすぎると寒くて、低体温症で亡くなる方もいます。』と 阻止されたので…

5合目の施設には、同じように阻止されたらしい、出発待ちの登山者が溢れてました。

かなり雲が厚かったけど、だんだん夜になるにつれて
山の上の方は晴れてきました。
19時の八合目の夕日

星空が綺麗!
お月様 明るい♪

食事をして(値段が超高い(^_^;)
20時くらいから、皆さん出発しだしたので
私たちも いざ出発!
ライトは全くいらないくらい、月明かりで明るいです。

晴れてきた目指す方向

30分で6合目の山小屋に到着。
早〜い(^_^;)

そこから1時間で新7合目に。

登山道は 歩きにくい…
まるで、砂かジャリの山を登るような感じで 足元が滑り
もどかしい登山です。
登り始めて5分もすると、キツいです(^_^;)
登り坂、嫌いなので…いつも、登り始めると『しまった…』と思います(笑)
すぐに息切れします。

ひたすら、トボトボ、ヨロヨロ…
足を前に少しでも、進めていくのみ。

両手にスティックを持って歩くのが、一番効率良さそうだと思いました。

スティックは荷物になるし面倒だなぁ…と考えてたのを反省。

登山者は多いですが、吉田口ルートに比べると空いてるようです。
あっちは まるでアリの大群の様だったから…高速道から直結なので、アクセスしやすいからだそうです。

更に1時間して、元祖7合目!
7合目がなんで2つもあるの?(^_^;)紛らわしい…

22時過ぎて、冷え込んできました。

息を切らし 喘ぎながらフラフラ登る様は
まるで ゾンビのようです(^_^;)

ふと周りを見渡すと、みんなフラフラしてる。
ゾンビの大群の登山(笑)

疲れで、岩の隙間に座り込む人、寝る人も多くなってきました。案内人のおじさんの言ってたように
歩きを止めると、汗が冷たい風にさらされて、寒い!
体温が下がるので、休憩はなるべく立ったまま、5分以内で。

私は7分歩いたら、3分休憩。のペースでした。

富士山登山のコツは、体力を消耗しないこと!
コツコツ、ひたすら…

途中で、流れ星4つ遭遇♪
山の斜面に、誰か火を投げた?
と思うほど、近くを流れてた★

8合目までは、若いAは 元気に先に進んでました。

体力ある人ほど がんがん登っちゃうので、高山病にかかりやすい、と書いてあったので…

『私が途中で転んだり、気分悪くなったら、中止して下山するから。
あまり先に1人で行かないでね』とお願いしてありました。

時々 心配して待っててくれましたV(^-^)V

8合目に23時30分に到着!

距離の長い吉田口に比べると、こんなに早く着くなんて、びっくりです。
吉田口からだと、5〜6時間はかかったはず…

道脇で寝てる人たち、寒くないのかな(^_^;)
短パンやスバッツの人も多かったけど。

ここで、カッパを着込む人もチラホラ。

8合目で待っててくれたAにもカッパを着てもらい
私が持ってきた予備のネルのシャツも着せて、丸々に膨らみました(笑)

『大丈夫?(^_^;)』無言で頷くA…

大丈夫かなぁ。怪しいなぁ(^_^;)

私はというと、体が慣れてきたのか
楽になってきました(笑)

慢性的に労働が続くと タフさが発揮されるようです。(笑)

8合目を出てから、Aの様子がおかしい…

10m進んでは、道脇に座り込んで 5分以上休むし…
座ると寒いのに…

ガスバーナーを荷物になるから、と、車内に置いてきたのを後悔!
暖かいスープが飲めたのに…

『止めようか?』

首を横に振るけど(^_^;)

やっぱりあまり進めない

これ以上は無理!と判断して
8合目の山小屋まで戻り、朝まで休憩することにしました。

山小屋って初めて入りました。
0時を過ぎてたので、宿泊の客は、御来光目当てでほとんど出たみたいで、空いてました。

2段の押し入れみたいな所に布団が入ってて
スペースはセミダブルくらい。
満員の時は、セミダブルスペースに3人寝るらしく、枕が3つあった。
ドラえもんの気分…

男女混合らしいですが、隣がおじさんとかだったら やだねぇ(^_^;)

布団は綿で重い。
部屋は寒い。
『人が多いので、酸素は外より薄いですよ』とのことだから
風が入ってきて寒いのは仕方ないのかも。

Aは疲労度が急に増したらしく、疲れるのが早くなったと言ってました。

で、やっぱり、頭痛は意識して無いように言ってたけど
山小屋の人には 頭痛もあるようなことを話してて
『吐きそうになったら、布団に吐かないで、早めに外に出て下さい』と注意されてました。

御来光は4時50分でしたが、私たちが起きて外に出たのは、5時30分。

雲海が広がってましたが、眩しい朝日を浴びました♪

8合目には、無料の診療所があるので、連れて行きました!

指先に機械をつけて、血圧と脈を測定…
高山病だね。と 寝ぼけたような、若い大学生のお兄さんみたいな お医者さんに言われて
10分くらい酸素吸入をしてもらいました。

楽になっても、一時的なもので
高山病は下山しないと治らないそうです。
登るほど悪化して、時には命取りになることも。

命があれば、いつでもまた登れるからね(^-^)V

下山もゆっくり休みながら行くように言われたので

休み休み、ゆっくり下りました。

近くて遠い、8合目

7合目あたりで振り返った所。一番上にあるのが8合目の施設。5合目からも見えてました。


休憩してたら、登ってきたおじさんが話しかけてきた。

『昨日ナビをしてました…』

ナビ!?
入り口で案内人をしてたおじさんらしい。

いろいろ情報を教えてくれました。

吉田口は観光ルートなので人が多くて、一番時間のかかるコースなんだって。

あと、夜間子連れで登る人が多いけど
やっぱり明るい昼間に、見える時間に登って
頂上で夕陽をみて、泊まって
朝、御来光を見て、お鉢巡り観光をしと下山するコースが一番無難でしょう!と言ってました。

日中は下界がとんでもなく暑かったので
『日中の登山は危険かも…』と思ってたけど
山は予想よりもずっと気温が低いんだったわ…
平地と頂上の気温差は、21℃!

頭には入れてたものの、つい、自分の今居る所の物差しで判断してしまいます(^_^;)

日中登山での注意点は、日差しを遮る物がないので、かなり日焼けすることと、

夢中で登るので、水分補給を忘れて、熱中症になる人が多いのだそうです。

またいつか登る時の予習勉強になりました♪

ん!?また登るの!?
いや…登るつもりは今はないけどさ…(^_^;)


登山道
昨日は暗くて見えなかったけど、

溶岩の影に咲いてる草花♪
緑も所々あります。

雲海と青い空が広がって 高い所にいるんだなぁ(-^〇^-)って改めて感じました。


雲海と宝永山
100数年前に 最後の大噴火をしたという、宝永山が足元になだらかに広がってます。

今年3月の、東日本大震災の起きる前までは、日本最大級の震災は、宝永の大震災で、
宝永地震の49日後に 富士山の宝永火山が爆発して
16日間、江戸の町に火山灰を4cmも積もらせたのだそうです。
(登山前に調べて知りました)

富士山は死火山だと思ってたら、休火山だったんだ…
しかも まだ新しい(^_^;)


ずりずり滑る登山道を、何とか無事に降りることが出来ました!

5合目から下は 雲に覆われてました。

山の天気は 見てる間にも くるくる変化してました。

雨が降らなくて良かった♪

帰りは少し足を伸ばして、宿泊の出来る温泉施設へ!

基本的にお風呂嫌いで、温泉も嫌いで、
10年以上温泉に行ったことのないAが…

渋々行ったのに…

なんと!

4時間も 温泉から出てこなかった(^_^;)

びっくりした(笑)

1年分前倒しして入った!と言い出さないうちに
また連れてかねば!!と思いました♪(^_^;)(笑)


修正