遊び心
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile

mytop

趣味は自然散策(登山等)、HP作り、物作り。
人生は短いから、やりたいことはやってみる。

とりあえず、楽しもー。
今日という日は二度とないから♪

楽しいことや趣味がメインの日記です。
****************
2011年1月から関東に派遣されました!
現在は、フォークリフトオペレーターです。
HNを「ころろ♪」に改名。

ワクスピ友達が沢山できました。
関東生活も楽しんでいます。
****************
ホームページ

記事の続き、またはタイトルをクリックすると
カテゴリ毎にデザインが変わりま〜す!


Menu

RSS & Atom Feed
遊び心
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ☆彡
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
こいし倶楽部
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
自然をお散歩♪
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
体験・チャレンジ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
魚釣り雑記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ご・は・ん ♪
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
心の扉
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

«« お盆に阿蘇へ♪ | main | フリマ »»
«« カテゴリ内前記事(ボケ進行中) | 日常 | カテゴリ内次記事(嵐と共に駆け抜けた日♪) »»
2009/09/23
おかたづけ

先日亡くなった、親友のおうちの片付けに行きました。

最初は、
「連休だし、仕事もヒマそうだから…休みが欲しいなぁ。
彼女の住んでた家も気になるし…何かできないかな…」

と思いながら、
2日前に会社に、休みの希望を伝えました。

休みが決まった途端、彼女のお母さんから電話が来て

「片付けのお手伝いをお願いできませんか?」

喜んで−!!うれしい顔

私の気持ち、彼女に伝わったのかなぁと思って嬉しかった。

うちの会社は、廃棄物の処分工場をしているので
お母さんが、どうせ業者に頼むんなら、私に…って思ってくださったみたいです。

でも、ちょっと遠いので、仕事で行くのは難しいし、高額な請求をすることになるので
出来れば、お休みの日に、と思ってました。

「軽トラで行きますね」と 言ってありましたが
会社にお願いしたら、格安でダンプを貸してくれたので
ダンプで駆けつけましたうっしっし

これが、正解でした花丸

処分場と、彼女の家まで、往復2時間かかります。

3tトラックだったので、ほとんど 最初に詰め込んでしまうことができましたうれしい顔


 まず、彼女の家に着くと、親戚の方が5人、お手伝いにきてました。
私の休みに合わせて、呼びかけておいたそうです。

彼女は綺麗好きな几帳面な子で、おしゃれだったので…
家具も、装飾品も、洋服も、、、、おしゃれです目がハート

未使用新品のバッグとか財布とか…

電化製品、アンティーク家具。

全部、まっさきに、親戚のおばさま方が 欲しがって、積み込んでいきましたね(笑)

お母さんが、気を利かして
「いるものあったら、取ってねあせあせ」と言って下さったので

少しだけ…箱に入った靴とか、木製の雑貨をキープして

皆が、持ち帰り用品を積み込んでいる間、捨てるガラクタを、せっせとトラックに積んでました。
3tトラックに 山積みになりましたが、
処分料も会社の好意で値引きして頂いて、安く済ませることができました。

2回目は、軽トラックで戻り、バラした大きなタンスや
貰い手がなくて困ってたソファとサイドボードを積み込んで
こちらは、会社の方で、欲しい方に差し上げました。

最初は、洋服をや台所雑貨を、ひとつひとつ品定めしているおばさん達を
ちょっと複雑な表情で見ていたお母さんも

最後は、予定より早くスッキリ片付いたのを見て
ホッとされた様子でした。

3回目に、残りの棚や、彼女の愛用してたミシン、それから、私が頂いた遺品などを積みました。

夜になってました。

全部終わったので、彼女の家に挨拶へ。

いろいろ話がはずみました。



もう、逢えないのはさびしいけれど…
こうやって、気持ち良く送り出せて良かったです。


知らせを受けてすぐ、Kさんに 彼女のことを見に行っていただきました。
その内容は割愛しますが

私たちが、何となく、悲壮感がないのは、彼女が無事に、上にあがれたからだと信じています。


長い間、鬱で苦しんでた彼女でした。

亡くなってもなお、その行為を責めたり
残された人が、自分を責めて苦しんだり…

するのは、彼女にとっても 辛いのではないかと思います。


唯一の友人、と言える子でした。。

21年前に、一緒にツーリングした時の写真も、
19年前に長男の誕生祝いに描いてくれた油絵も

ずっと私の部屋に飾られてます。



ありがとうね。

これからも、よろしくね。

こっちでは、いつも連れ出す役目は私だったから
私が今度、そっちに行く時は、ちゃんと案内してよねうっしっし

修正